第26回日本肝胆膵外科学会(和歌山)にて大城幸雄講師が座長を務め発表を行いました。

2014年6月11日~13日、第26回日本肝胆膵外科学会が和歌山で開催され、当ユニットの大城幸雄講師が「肝臓・シミュレーション1」の座長を務め、さらに、「血管抽出、モデル生成からリアルタイム切離までを実現した肝切除エミュレータの開発と運用」を発表しました。DSC_0059

ブックマーク パーマリンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です