第50回日本肝癌研究会(京都)にて大城幸雄講師が発表しました。

2014.6.5, 6、第50回日本肝癌研究会が京都にて開催されました。当ラボの大城幸雄講師が、6月5日14:00~16:00 ビデオセッション2 「肝癌治療シミュレーション画像の進歩(3D・4D画像を含めて)」にて、「リアルタイム肝変形が可能な肝切除エミュレータ開発と使用経験」を発表しました。その後の親睦会でも熱い議論が繰り広げられました。写真は前東京医科歯科大学教授有井滋樹先生を囲んだ親睦会の模様ですhttp://www2.convention.co.jp/50jlcsg/index.html10327168_639553902804196_500982513_n

 

ブックマーク パーマリンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です