【筑波大学HP】安価で、内部構造が見やすい臓器立体模型を3Dプリンターで作製する手法を開発

2015/07/09

筑波大学 医学医療系 大河内信弘教授、大城幸雄講師、およびシステム情報系 三谷純教授と大日本印刷株式会社は、従来よりも安価に、血管などの内部構造が視認しやすい臓器立体模型を3Dプリンターで作製する手法を共同開発しました。

https://www.tsukuba.ac.jp/attention-research/p201507091000.html

150710-3-500x185

ブックマーク パーマリンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です